2013年6月13日木曜日

閑話休題

「たまには、昼飯でもごちそうしてやろう」そう言うと上司は私の返事も待たずに歩き始めた。慣れない状況に戸惑い、お礼を言うことも忘れたまま、後を追う。いつもの通勤路とは違う道に、妙な新鮮味を覚えながら、続いて店に入る。好きな物を頼ませて貰えるのかと根拠もなく思っていたが、上司はカツ丼をひとつ頼んだだけだった。机の上に置かれるカツ丼。「どうしてあんなコードを書いたんだ」問い詰める上司。休日出勤はまだ始まったばかりだ。

0 件のコメント :

コメントを投稿