2013年7月21日日曜日

Squareリーダーにカードを読ませるのは君だ。

失敗に終わったSquareリーダーにカードを読ませるのは誰かのリベンジをするときが来た。
発端は、筆者のふがいなさに、友人から怒りのお中元が届いた事にある。
これだ。
4極の延長ケーブルだ!
まさか、世の中にそんなものが存在するとは思わなかったので、そのままお茶を濁そうとしていたとはいまさら言えない。もう試すしかない。これならSquareリーダーを延長できるのか!?
と、盛り上がってから3週間も経ってようやく試す機会が訪れた。
今回は結果をレポートする。
3週間の間、筆者が何をしていたのかは、また別のレポートとする。

では、早速試す。
・・・いける。
これはいける。
俺の長年のソフトウエアエンジニアの勘がそうささやく。これはいける。
ちなみに筆者は、MSXのROMカートリッジに「なんか似てるから動くはず」という理屈でファミコンカセットをねじ込んで壊したほどの腕前だ。その筆者の勘が冴え渡る。
ほら!ぴったり刺さる!前回のように浮いてない!ぐらつかない!見ろ!Squareリーダーのための延長ケーブルのようだ!この延長ケーブルが量産の暁には我が軍の・・・市販品でしたね。そうですね。なんですか我が軍って。

ちょっと分かりづらいが、リーダーを接続せずにSquareのアプリを起動すると「リーダーが外れました」と表示されている。
この前回見飽きた画面に、今回は変化を起こせるのか。
念のため申し上げておくと「これほどまでプロジェクトの状況が悪化した責任は、リーダーである君にある。責任を取って、君にはリーダーを外れて貰う」という意味の、「リーダーが外れました」ではない。RとLが違う。こんな思い出は忘れたい。
さあ。
刺しましたよ。
なんかグルグル回ってますよ。魔方陣ですよ。勇者様。
認識した!こいつ動くぞ!
あまりにあっさり動いてしまった。
つまり、こういう状況で動作しているということ。
写真がピンぼけで読めない。
びっくりした。老眼が進んだかと思った。
「カードをスワイプしてお会計」と表示されている。正常にリーダーが認識されている証拠だ。
本来ならクレジットカードを読み込めるところまで確認したいが、いかんせん自分のクレジットカードで決済したのでは、錬金術を発生させてしまう。そのため、今回の検証は、ここまでとしたい。
なお、クレジットカードをお持ちの方で試しても良いという方は、筆者までご連絡を頂ければ、唯一の商品ラインアップである「スマイル 100円」を決済してみて頂きたい。
あなたの手元からクレジットカードを渡すことなくSquareによる決済が出来る安心感をお体験頂きたい。

4極の延長ケーブルなどというとんでもない物を発見してくださった、関西在住の自称ハタチの方には、心より感謝申し上げる。

感謝は申し上げるのだが、この延長ケーブル、お値段はいくらだったのだろう。
もしiPodTouchより高かったら、延長ケーブルが主役になってしまう。
ところで延長ケーブルってencahntMoonとちょっと似t

最後に大人のたしなみ。
今回の検証に用いた延長ケーブルの使用法は、メーカーが意図したものではなく、動作が保証されるものではありません。お試しになる場合は、自己責任においてお試し下さい。筆者としても責任のとりようがないことをご容赦ください。

0 件のコメント :

コメントを投稿