2013年8月4日日曜日

俺はアラブの石油王の息子で4000万円受け取らないと娘の命がないらしい。

プライベートで使っている携帯電話のメールアドレスは、かれこれ10年ほど変えていない。
特にスパムメールが届くわけでもなかったので、そのままにしていた。
「寝ている間も迷惑メールが届いて、ほんとウザいわー」という周囲の話に入れず、なぜか寂しい思いをした時もあった。
だが、三週間ほど前からひっきりなしに迷惑メールが届くようになった。
とうとう時代が俺に追いついたのだろうか。
そして、ひとたび届き始めると、ダムが決壊したかのごとく届く物だということを知った。
1時間に3通とか、山陽新幹線の本数ぐらい届く。ただし24時間だ。
全て別のドメインから送られている。

迷惑メールも巧妙になっているので、これを呼んで頂いている皆様にもご注意頂きたい。
種類も多岐にわたっており、よく考えたなと感心するようなメールから、読んだだけで気分が悪くなるようなメール、写真付きのメールから、なかには本文に「あ」とだけ書いたメールもあった。逆に気になるのだが、リンクも何もないからひっかかれない。

そんな中から、今回は感心したメールをご紹介したい。
とは言っても、1通のメールではない。送られてくるメールにストーリーを持たせてあるのだ。

1通目:占星術の巨匠から貴方に伝えたいことがあるそうです。
 「近々貴方に大金が舞い込む占い結果が出ました。興味がある方はこちら」(抜粋)

2通目:あなた様に受け取っていただきたい4000万円があります
 「受け取って頂かなければ当社は倒産してしまいます。人助けだと思って」(抜粋)

3通目:振り込み代理人の○○です。この度は突然のメールで失礼します
 「何名かの方にメール差し上げております。詐欺ではございません」(抜粋)

4通目:ねえ。あなたにも4000万円振り込みのメール来た?
 「私の名前は××。受け取ってみようかと思うんだけど、あなたどうする?」(抜粋)

5通目:本当に4000万円振り込まれたよ!
 「あと3人だって!急いだ方がいいよ!」(抜粋)

6通目:振り込み代理人の○○です。××様と△△様に振り込みしました。残り2名です
 「お急ぎ下さい。クライアントはあなた様を選ばれたのです」(抜粋)

7通目:お疑いされるのも仕方ありません。まずは300万円振り込みます
 「あなた様は同意されるだけで良いのです。本日中に振り込みます」(抜粋)

とまあ、このような感じでストーリー性がある。
もちろん、送り主の設定によってドメインは別のものから送られてくる。
よくもまあ、ここまで考えたものだと感心する。

ちなみにこのストーリーはまだ続いていて、いつまで経っても倒産する気配はない。
別のストーリーも並行でいくつか展開されており、そちらでは「独身人妻」という謎の設定の方から熱烈なメールが届いている。
他にも、たいそう自分に自信のある男性からも熱烈なアプローチを受けている。
しかし・・・見ず知らずの男性から、貴女と呼ばれるのはまだ慣れない。

0 件のコメント :

コメントを投稿